HOME>イチオシ情報>職人による住まいづくりはやり方次第となる

輸入と日本住宅の違い

家族

宝塚エリアにはあまり輸入住宅が販売されていない理由として、昔ながらの職人気質が影響しており、ツーバイフォーの新築一戸建ての需要増と言われているのが特徴です。畳1畳でもそのサイズは地域によって異なる基準があります。和室なら、畳の大きさがそのまま部屋の広さに反映し、いわゆる京間は一番大きいサイズです。畳のサイズは他に中京間、江戸間、団地サイズがあり、この違いがあることで建材メーカーや住宅設備メーカーはかなりの労力と費用を使い、コスト高となります。ですが、畳サイズは日本特有のサイズですから、対応が早いようです。今は、尺や寸で造る職人に任せるなら、木造住宅を専門に、彫りや装飾にこだわることができます。最近は新たにフィートを基本単位とした輸入住宅も誕生していますが、ややこしい単位だからこそ、輸入住宅は海外メーカーに依頼が集中しているようです。

購入者の味方になる法律

住宅模型

宝塚の住宅販売の際、住宅メーカーの営業マンも購入する個人も「新築一戸建て」にばかり目が向きがちですが、敷地に問題がないのかを知っておかなければなりません。新築だから丈夫に建てられていても、敷地の造成はどうでしょうか。敷地の不同沈下が生じた事例もあります。責任内容は、瑕疵担保責任、債務不履行責任、不法行為責任など様々で、問われる責任の根拠は少々違っても、裁判所や不動産法では、個人(購入者)の保護に傾いています。一生に一度買えるか否か、大切な財産になり得るため、タダでは転ばない支援(味方)が打ち出されています。

やり方をしっかり説明

住宅模型

宝塚エリアには新築一戸建てが販売されていますが、材質や構造などは、専門的知識がない個人にはその善し悪しが判断できません。不動産事情では、欠陥と粗悪の違いを知ってほしい旨を伝えていますし、利益だけしか頭にない業者の物件には手を出しません。粗悪な住宅かどうかは、業者の考え方や姿勢次第だといいます。下手なコストダウンは粗悪品のもと、同じコストダウンでもやり方を変えれば、質を維持した上で行えるようです。現に、新築一戸建てを取り扱う業者には、広告や宣伝、営業方法、資材の仕入れ方法に工夫することを謳っています。これなら、個人も安心です。

広告募集中